Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング詐欺が増加傾向、ブランド悪用は過去最悪

フィッシング対策協議会は、3月に同協議会へ届けられた国内におけるフィッシング詐欺の状況を取りまとめ、公表した。

フィッシング情報の届け出は、2008年1月に大きく減少したものの、以降再び増加傾向となっており2月の11件から19件に増加した。またフィッシングメールについては、9件から20件と2倍以上となり、過去1年の平均を上回った。

フィッシングサイトについても15件と過去2番目に多い件数で、ブランドが悪用されたケースは、2007年3月と並ぶ8件で過去最悪となった。攻撃の対象となったのは、「ゆうちょ銀行」「イーバンク銀行」「Bank of America」「シティグループ」「PayPal」など金融業が5件。またユーザーアカウントの継続手続きを装った「Yahoo! JAPAN」などオークションが2件、残り1件はISPだった。

(Security NEXT - 2008/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ