Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年金記録の苦情申立人氏名が半年にわたりネット上で閲覧可能に - 総務省

総務省は、年金記録の苦情を申し立てた127人分の氏名を、同省サイト上で約半年にわたり誤って掲載していたと発表した。

年金記録確認第三者委員会が、年金記録に関連した苦情あっせんを行い、申立内容や検討結果を同省サイト上で公開する場合、申立人を特定できないよう氏名などを伏せた上で、PDFファイルにて公開しているが、PDFファイルでページ移動に利用される「しおり機能」に氏名などが記載されたままになっていたという。

今回の問題では、年金記録確認中央第三者委員会や7地域の地方委員会において、2007年9月から2008年3月まで、のべ190件127人分の個人情報が閲覧できる状態だった。事故発覚を受け、同省では問題の部分を削除。年金記録確認第三者委員会は関係者に対して謝罪し、事情の説明を行っている。

(Security NEXT - 2008/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

介護保険の高額合算療養費申請書約2500件を紛失 - 横浜市
神戸市、個人情報の不正操作で職員処分 - 保険料増額の通知から発覚
廃止したFAXを使用、番号も誤りマイナンバーなど個人情報が流出 - 沖縄労働局
借り受けた国民年金納付者リストを紛失 - 可児市
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
書類を誤送付、宛名シールのミスに気づかず - 広島銀
ランサム被害で個人情報流出の可能性、データは復元 - JA大潟村
個人情報含む書類を自宅に持ち帰り、職員を懲戒処分 - 牟岐町
メール通知サービスで個人情報が閲覧できる脆弱性 - 第一生命
職員の退職関連書類が所在不明に - 東京都