Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者名簿の裏面で時刻表を作成し配布 - 労働者健康福祉機構

労働者健康福祉機構は、脊髄損傷の専門病院「総合せき損センター」において患者情報が印刷された名簿の裏面を不正に利用し、個人情報が流出したと発表した。

流出が確認されたのは指定保険受診患者一覧表で、患者31人の氏名、患者番号、生年月日、性別、保険者コード、入外区分などが記載されていた。同名簿の裏面を利用してバスの発着時刻表を作成し、4月2日から窓口を通じて希望者に配布していたという。

同センターでは5月10日に時刻表を回収し、記載されていた患者を訪問して直接謝罪した。情報の不正利用など二次被害の報告は確認されていない。今後は書類の裏面使用の禁止や、個人情報記載文書の適切な廃棄など、周知徹底するとしている。

(Security NEXT - 2008/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
開示資料の墨塗り部分に個人情報、強い光で判読可能に - 和歌山市
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
中学校で模範解答裏面にいじめ関係者の個人情報 - 仙台市
撮影サービスで別の顧客写真が閲覧可能に - 東京ディズニーリゾート
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
ポイントカード申込書が運送中に紛失 - ファイテン
マイナンバーカード裏面のQRコードから個人番号が漏洩 - 取り扱いに注意を
退学者などの個人情報がSNSに流出 - 大阪の府立高校
児童手当通知書の裏面に第三者の住民基本台帳情報 - 泉南市