Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインショップにアクセスが集中、一部顧客情報を誤表示 - ヤマハ

ヤマハのオンラインショップにおいて、一部顧客の個人情報が別の顧客の購入画面に誤表示される事故が発生していたことがわかった。流出件数は最大120件とみられている。

同社によれば、5月12日午前10時55分から午後6時45分の間に、新型楽器「TENORI-ON」をオンラインショップ経由で購入申込みした顧客の確認画面に、別の顧客の登録情報を表示したもの。氏名や住所、電話番号、メールアドレスなど最大120件の顧客情報が流出したが、決済情報は含まれないという。

委託先が開発したシステムのプログラムミスが原因で、同時間帯に多数のアクセスが集中したためデータの処理が正常に行われず、誤表示が発生したとみられている。

同社はオンラインショップを閉鎖して、プログラムの修正や検証を行い、アクセスが集中した場合の負荷対策を講じている。また流出の可能性がある顧客に対し、説明と謝罪を行う。

(Security NEXT - 2008/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
個人情報の誤開示やメールの誤送信が発生 - 大阪府
委託先でメール送信ミス、講座受講予定者のメアド流出 - 香川県
調査対象事業者のメールアドレスが流出 - 総務省
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス