Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

月例パッチで公開済みJet DBの脆弱性へ対応 - マイクロソフト

マイクロソフトは、9日の予告通り4件の月例のセキュリティ更新プログラムを公開した。深刻度が「緊急」とされる脆弱性3件が含まれる。

今回対応した「Microsoft Jet 4.0 Database Engine」の脆弱性は、リモートでコードが実行されるおそれがあるもので、第三者によりPCを制御されるおそれがある。脆弱性は3月に明らかになり、同社ではアドバイザリを公開。ゼロデイ攻撃の可能性もあるとして注意を促していた。

また「Word」や「Office Publisher」の脆弱性についても、深刻度は同様に「緊急」。不正に改変されたファイルを表示した場合、リモートでコードを実行されるおそれがある。

一方、「Microsoft Malware Protection Engineの脆弱性」の深刻度は「警告」。セキュリティ更新プログラムでは非公開で報告された2件の脆弱性へ対応した。不正なファイルを同エンジンでスキャンした際にサービスが停止したり、再起動する問題を解決する。

マイクロソフトセキュリティ情報の事前通知 - 2008年5月
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS08-may.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
MS、「Exchange脆弱性」の影響を緩和する簡易ツールを公開 - 未修正なら活用を
「Exchange Server」脆弱性、10グループ以上が悪用か - パッチ公開前にも
「Exchange Server」脆弱性、ランサムウェア「DearCry」の標的に
「Exchange Server」攻撃で悪用された「China Chopper」の解析情報
MS、3月の月例セキュリティ更新を公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応