Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスプリング、認証アプライアンスサーバの最新版を発売

ネットスプリングは、認証アプライアンスサーバの最新版「AXIOLE Version 1.3」を発売した。

同製品は、あらかじめスキーマが構築されており、手軽に導入することができるLDAPベースのネットワーク認証用アプライアンスサーバ。最新版では、SSL中間CA証明書への対応したほか、LDIFファイルのアップロードによるユーザの一括削除が可能。ユーザーは無償でアップグレードできる。

また別売りの追加オプション「LDAP スキーマオプション」に対応。同オプションを利用することで、固有のスキーマやオブジェクト属性、データを同製品へ追加でき、データの参照や書き込みなどネットワーク内のシステムと連携を実現する。

(Security NEXT - 2008/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ドコモメールになりすまし警告機能 - 「DMARC」未導入も対象
RSA、国内にデータセンター設置 - ID関連サービスの市場展開を強化
「WordPress」のセキュリティ対策プラグインを公開 - クラウドセキュア
企業向けに「セキュアID SIM」を提供 - 日本通信
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
「ドコモメール」が「DMARC」「DKIM」のチェックに対応
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
リスクマネジメント分野の新会社を設立 - NTT東ら
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック