Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

債権情報など含む1100件の顧客情報を紛失 - 近畿大阪銀行

近畿大阪銀行は、同行や子会社である近畿大阪信用保証において、約1100件の顧客情報を紛失したと発表した。

所在がわからなくなっているのは、108店舗で取り扱った「貸出債権書類」717件。顧客の氏名や住所、口座番号、借入金額など記載されている。また堺支店において、顧客の氏名や貸出日、利率、残高、最終期日など、約390件の取り引き情報を記録したマイクロフィルムの紛失も明らかになった。

同行では、これら資料について誤って廃棄した可能性が高く、外部に流出する可能性は低いと説明。不正利用による顧客からの問い合わせなども寄せられていないという。

(Security NEXT - 2008/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ
送迎リスト紛失、車上に置いて走行 - 高齢者福祉施設
障害福祉サービス事業所利用者の個人情報を漏洩 - 横浜市
個人情報含む可能性のある公文書が所在不明 - 大阪市
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
ゴミの「ふれあい収集」対象者名簿が所在不明に - 大阪市