Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

車両盗難により個人情報含むPCを一時紛失 - 日本ベリサイン子会社

日本ベリサインの子会社であるサイトロックの従業員が車を盗まれ、個人情報11件など含むパソコンを一時紛失した。パソコンはすでに盗難車両とともに発見され、回収されている。

サイトロックの従業員が、4月7日夕方に武蔵野市内の駐車場から車両ごとパソコンを盗まれたもの。被害に遭ったパソコンには、取引先5社の従業員11人の氏名、会社名、電話番号、メールアドレスなどが保存されていた。そのほか、取引先と送受信したメールや業務関連情報なども含まれる。

同社では警察へ被害を届けていたが、9日に田無市内で車両とともにパソコンが発見された。ベリサインが調査したところ、第三者がハードディスクへアクセスした形跡は、物理面、論理面いずれも確認されなかったという。事故を受け同社では、関係者に対して報告と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2008/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

元従業員の売却HDD内に業務文書、データ複製の連鎖で - ラック
国立天文台職員がチリで車上荒らし被害、PCが盗難
複数端末が「Emotet」などマルウェアに感染 - カネコ種苗
個人情報含むパソコンを紛失、車上荒らしか - 名古屋電機工業
医師の患者情報入り私物PCが盗難、過去勤務先のデータも - 広島大病院
生徒や教員の情報含むPCが盗難、HDDは暗号化済み - 広島大付属中
医師の私物PCから個人情報流出の可能性 - 新潟県立精神医療センター
台湾子会社へのサイバー攻撃、従業員情報が流出 - 塩野義製薬
中国の再委託先、データを無許可で個人クラウドに - 村田製作所
患者情報含む医師個人のクラウドアカウントが乗っ取り被害 - 岡大病院