Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号化データを復号せず利用できる「永続暗号SDK」 - C4T

シーフォーテクノロジーは、復号せずそのまま編集可能な暗号化ファイルを生成できる「永続暗号SDK」を発売した。

同ソフトは、有効期限や操作権限を設定することが可能な暗号化ソフトのSDK。パッケージ製品やソリューションへ機能を組み込むことができる。

同ソフトを利用して暗号化されたファイルは、復号することなく利用できるため、つねに暗号化した状態で保存しておくことが可能。復号時におけるデータの漏洩を防止することができる。

ファイルの有効期限や利用者認証機能を設定することも可能。さらに閲覧、印刷、編集、保存などファイルの操作権限を指定でき、異なるファイルへのコピーや画面キャプチャによる情報流出も防止する。

(Security NEXT - 2008/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
あの人気セキュリティ書籍も半額 - Amazonで9月2日までセール中
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ