Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1512人分の個人情報を保存したパソコンを紛失 - STV

札幌テレビ放送が、個人情報が保存されているパソコンを紛失したことがわかった。

所在がわからなくなっているパソコンには、アルバイトの応募者353人分や番組の出演依頼者966人分、チケット申込者193人分など、あわせて1512人分の個人情報が保存されていた。氏名や住所、メールアドレスなど個人情報が含まれる。また流出した個人情報のうち4人分については、クレジットカード情報が記録されていた。

同社では、施設内で什器や備品の移動作業を3月中旬より行っていたが、作業が終了した3月末、パソコンがなくなっていることに気が付いたという。同社では関係者に対して謝罪した。同社では情報管理の強化など再発防止を目指す。

(Security NEXT - 2008/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

台湾子会社へのサイバー攻撃、従業員情報が流出 - 塩野義製薬
中国の再委託先、データを無許可で個人クラウドに - 村田製作所
患者情報含む医師個人のクラウドアカウントが乗っ取り被害 - 岡大病院
管理物件の居住者情報含む端末がマルウェア感染 - JR西日本関係会社
廃棄PCの紛失を公表、個人情報含む可能性 - 岩手の障害者支援施設
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員が人事情報に不正アクセス、職務情報よりPW推測 - 宜野湾市
コロナ対策の庁内分散オフィスでPC盗難、容疑者は逮捕 - 芽室町
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院