Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBメモリで感染するワームの生成ファイルがトップ - マカフィーランキング

マカフィーは、2008年3月に同社が検知したウイルスや不審なプログラムなど、ネットワーク脅威の状況についてとりまとめた。

同社によれば、USBメモリなど外部メディア経由で拡大するワーム「W32/Autorun.worm」が生成するオートランファイル「Generic!atr」が先月に続き目立っており、検知した企業数、およびマシン数でいずれもトップだった。

ただしファイル数では、「W32/Fujacks!htm」が2位以下を大きく引き離し、先月に引き続き首位。また、スパムにより拡散しているトロイの木馬「Spy-Agent.bv.dldr」が、検知した企業数、マシン数、いずれも上位に入っている。

一方、不審なプログラム(PUP)の状況についてはほとんど変化なかった。無料で配布されているツールなどウェブサイト経由で感染することが多いとして注意を呼びかけている。

同社が発表した検知マシン数のトップ10は以下のとおり。

トロイの木馬

1位:Generic!atr
2位:Generic.dx
3位:Spy-Agent.bv.dldr
4位:VBS/Psyme
5位:PWS-LegMir.gen.k.dll
6位:X97M/Laroux.a.gen
7位:Exploit-MS06-014
8位:Exploit-ByteVerify
9位:PWS-LegMir.gen.k.dll
10位:Downloader.gen.a

不審なプログラム

1位:Generic PUP.g
2位:Exploit-MIME.gen.c
3位:Adware-GAIN
4位:RemAdm-TightVNC
5位:Winfixer
6位:Adware-Baidu
7位:Generic PUP.e
8位:Adware-RewardNet
9位:Adware-GAIN.lnk
10位:Adware-SaveNow

(Security NEXT - 2008/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分