Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバのセキュリティ診断ツールがマルチOS対応 - 東芝ITサービス

東芝ITサービスは、サーバのセキュリティ診断ツール「セキュドック<センター>」の最新版を発売した。

同製品は、複数サーバにおけるパッチの適用状態やネットワーク設定など約200項目のセキュリティ対策状態を診断し、一元管理できるセキュリティソリューション。

最新版となる「同Version2.0」では、UNIXやLinuxへの対応し、マルチOS環境で利用可能となったほか、マネージャの管理能力を向上させ、最大で1000台のサーバへ1台のマネージャで管理できるなど可用性を確保した。

またレポート機能や診断スケジュール機能など強化しており、コンソールの操作性についても向上させた。

(Security NEXT - 2008/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
攻撃ルートや対策効果を可視化するサービス - NEC
「Azure」のセキュリティ対策やコストを診断 - 日商エレ
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
ウェブアプリ開発の上流工程に対する脆弱性診断サービス
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック