Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会員サイトでシステム障害、他会員情報が閲覧可能に - ダイワ精工

ダイワ精工は、会員サイト上で他会員の個人情報が一時閲覧できる状態になったことを明らかにした。

システムの不具合により、同社が運営するダイワヤングフィッシングクラブの会員情報が閲覧可能となったもの。3月26日11時過ぎに会員より関係ない別の会員情報が閲覧できるとの指摘を受けて判明。同社では、コンテンツの提供を一時停止した。

同社の調査によれば、システム障害で3月21日12時半過ぎから26日11時46分まで、氏名や電話番号など64人分の個人情報が閲覧されていたという。同社では原因を特定、26日17時過ぎに復旧している。

今回の事故により、外部へ流出したとの報告はないという。同社では関連する顧客へ事情説明や謝罪を行う。

(Security NEXT - 2008/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
健康食品通販サイトでクレカ情報流出か - 個人情報格納サーバにも不正アクセスの痕跡
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
マクロ実行の操作ミスでメール誤送信 - システム開発会社