Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

最新版でセキュリティ警告が表示される現象 - ウイルスバスター2007

トレンドマイクロは、「Windows Vista」で「ウイルスバスター2007」を利用した際、問題がないにもかかわらず緊急警告が表示されるケースがあるとアナウンスしている。

同社によると、ウイルスバスター2007のスパイウェア最新パターンファイルは、3月12日にリリースしたもので、リリースより一定期間経過したことから、Windows Vistaの環境では「最新の状態ではない可能性があります」といった緊急報告が表示されるという。

同社では、次回リリースされるスパイウェアのパターンファイルを適用することにより、警告は表示されなくなるとしている。なおウイルスバスター2008では、同様の現象は発生しない。

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2008/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows向け「ウイルスバスタークラウド」にコードインジェクションの脆弱性
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
「ウイルスバスタークラウド」に任意のファイルが削除できる脆弱性
macOS向け「ウイルスバスター」に脆弱性 - 悪用は未確認
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
トレンドマイクロの複数製品に脆弱性 - 順次更新を実施