Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アイ・オー製無線LANルータの初期設定にセキュリティ上の問題 - 設定変更を

アイ・オー・データ機器製無線LANルータの一部製品において、初期設定にセキュリティ上の問題が存在していることがわかった。同社や情報処理推進機構では、注意を呼びかけている。

問題が明らかになったのは、「WN-APG/R シリーズ」「WN-WAPG/R シリーズ」の一部製品。古いファームウェアが適用された機種で初期設定が変更されていないと、認証機能が無効であるため、外部よりウェブ管理画面へアクセスできるという。不正に操作された場合、管理用パスワードやファイアウォールの設定の変更、情報漏洩などネットワークが危険にさらされる可能性がある。

セキュリティの設定を初期設定の「標準」から「中」「高」「カスタム」へ変更するか、ルータの設定画面へパスワードを設定することで問題を回避できる。またファームウェアを最新バージョンへアップデートするか設定を変更を行うことで脆弱性を回避できる。

お客様への大切なお知らせ
http://www.iodata.jp/news/oshirase.htm

アイ・オー・データ機器
http://www.iodata.jp/

情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2008/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
MS&ADと米インシュアテック企業、サイバーリスク可視化で共同開発