Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

狙われる展示会の無線LAN - 「無料無線LAN」に見せかけたワナも

G DATA Softwareは、展示会などイベント会場における無線LANの利用に危険が潜んでいるとして、注意を呼びかけている。

先週ドイツで開催された「CeBITを」はじめ、大きな展示会会場で無線LANを利用する際の危険性を警告したもの。会場に持ち込まれるパソコンについて、ファイアウォールが設定されていないなど対策不足であったり、ウイルス対策ソフトの最新定義ファイルが適用されていないなど、手薄となっているケースも多いと同社では指摘する。

さらに企業のネットワーク内では保護されているが、外部に持ち出したことにより無防備の状態となることも多く、展示会にはこうしたパソコンが多数持ち込まれることから、攻撃者の標的になりやすいとして警告を発している。

また、同社によれば無線LANのアクセスポイントを無料で提供するかのように見せかけたスパムメールを送信し、攻撃する手口もあるという。

同社では、展示会において無線LANを利用する上での注意すべき3か条「セキュリティで保護されていないネットワークは使用せず、パーソナルファイアウォールなどを利用する」「個人情報や業務情報を暗号化する」「データを定期的に外部へバックアップする」を掲げ、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も
決済代行業者やコード決済事業者もPC IDSS準拠必須に
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
厚生省で行政文書の誤廃棄が発生 - 情報流出なく業務への支障もなし
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か