Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪貯蓄信組が顧客情報を一時紛失 - 顧客から返却される

大阪貯蓄信用組合の東支店において、個人情報219件が記載された業務資料を紛失する事故が発生した。

同組合職員が渉外業務中に、年金の受け取りに関する顧客リストや集金先リスト、定期預金リスト、受託書類など一時紛失したもの。氏名や住所、生年月日、電話番号のほか、一部には口座番号や残高、満期日なども記載されている。

職員は、店舗へ戻った際に紛失に気が付き、ファイルを探索したが発見できず、その後顧客から返却されたという。二次被害などの報告はなく、不特定多数に流出した可能性は低いと同信組では説明している。また関連する顧客に対して謝罪した。

(Security NEXT - 2008/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
不正アクセスで顧客宛に詐欺メール、個人情報流出の可能性も - 暗号資産取引所
SAP、4月の月例アップデートを公開 - CVSS基本値「9.9」のRCE脆弱性も
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器