Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪貯蓄信組が顧客情報を一時紛失 - 顧客から返却される

大阪貯蓄信用組合の東支店において、個人情報219件が記載された業務資料を紛失する事故が発生した。

同組合職員が渉外業務中に、年金の受け取りに関する顧客リストや集金先リスト、定期預金リスト、受託書類など一時紛失したもの。氏名や住所、生年月日、電話番号のほか、一部には口座番号や残高、満期日なども記載されている。

職員は、店舗へ戻った際に紛失に気が付き、ファイルを探索したが発見できず、その後顧客から返却されたという。二次被害などの報告はなく、不特定多数に流出した可能性は低いと同信組では説明している。また関連する顧客に対して謝罪した。

(Security NEXT - 2008/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国勢調査の調査員が個人情報含むメモを一時紛失 - 江戸川区
スマホ決済「支払秘書」でなりすましによる不正チャージ
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
「Vpass」アカウントやクレカ情報狙うフィッシングに注意
「ドコモ口座」被害、あらたに12件 - 被害額82万円
「ドコモ口座」経由の不正引き出し、あらたに2件が判明
敬老祝金贈呈調書が所在不明に - 静岡市
運搬中に生活保護関係書類が落下し飛散 - 北海道
連携決済サービスの出金被害、109件約1811万円 - ゆうちょ銀
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート