Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

相談者の個人情報含む資料を一時紛失 - 都消費生活総合センター

東京都消費生活総合センターの職員が、個人情報が記載された相談カードを置き忘れ、一時紛失していたことがわかった。その後遺失物として届けられ、すべて回収している。

一時紛失したのは、消費生活相談カードや付属する資料など26件。2月22日夜に職員が帰宅途中に立ち寄った銀行のATMに置き忘れた。カードには相談者の氏名、住所、電話番号、年齢、性別など個人情報が記載されていた。また資料には、事業者からの通知書や相談処理経過メモなど含まれる。

同職員は23日夜、紛失に気が付き、24日から遺失物の問い合わせなどを行ったが発見されなかった。その後警察へ届けられ、26日にすべての書類を回収した。同センターでは、対象となる相談者に対して説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2008/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
モニター宛てのメールで誤送信、メアド流出 - 中部電力
総務省、ネットトラブルの事例集に誹謗中傷に関するトピック追加
児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
ゆうちょ銀「mijicaカード」で約332万円の不正送金被害 - 54人から不正カードに
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - つくば市
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - マルハニチロ
JR九州の会員サイトにPWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を