Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

端末の紛失による情報漏洩を防止するモバイル向け技術を開発 - KDDI研

KDDI研究所は、「しきい値暗号技術」を活用したモバイル環境向けセキュリティサービスを開発した。端末の紛失やバックアップサーバからの情報漏洩を防止できる。

今回開発されたデータ共有技術は、暗号化されたデータを復号する鍵を、複数の鍵に分散して管理する「しきい値暗号技術」を活用したもの。

携帯端末と携帯電話のバックアップサーバの暗号化を実施し、それぞれに復号化に用いる秘密鍵を分散して保存。復号化には、端末とサーバに分散した鍵が必要となるため、紛失した端末やデータが保存されているサーバへの不正アクセスを防止し、第三者へのデータ流出を防止できる。

データは端末内に保存されており、利用時にはデータ容量が小さい分散鍵を送受信するだけで済むため、モバイル環境でもスムーズに利用できる。同社では、同技術を活用した顧客情報の共有や著作権管理といったシステムへの応用を想定しており、企業向けセキュリティソリューションの実現に向けて検討を進める。

(Security NEXT - 2008/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
「あなたもドコモ口座で被害」 - 警察装う詐欺電話に警戒を
「ドコモ口座」通じた不正出金、あらたに5件を確認
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏