Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「過剰反応に具体策を」 日本新聞協会が個人情報保護に意見

日本新聞協会は、内閣府が1月18日に公表した「個人情報保護に関する基本方針」の改正案に対して意見を提出した。

同協会では、個人情報保護法が原因で発生しているいわゆる「過剰反応」による混乱や、同法を理由とした官公庁や公的機関による情報隠しといった問題を従来より指摘しているが、依然問題は収まっていないとし、今回の改正案についても対策が不十分として意見を提出したもの。

今回の改正案では、過剰問題について広報、啓発活動といった内容が盛り込まれたが、具体的な措置が示されていないとし、報道機関に対する情報提供を適用外にするなど具体的に説明するよう求めた。

(Security NEXT - 2008/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC