Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小規模の組織を守るための脆弱性情報共有で報告書 - 情報処理推進機構

情報処理推進機構(IPA)は、中小規模の組織内で脆弱性情報を共有するためのフレームワークや脆弱性対策確認作業の自動化に関する調査報告書を取りまとめ、公表した。

脆弱性対策の推進が求められる一方、中小規模の組織では専門家を配置するのが難しい現状を解消するため、同機構では、国内や、欧米、韓国などを対象に、弱性情報を共有するためのフレームワークや脆弱性対策の確認作業の自動化に向けた取り組みについて調査を実施した。

中小規模の組織における脆弱性対策を促進するための施策を検討した結果、脆弱性対策の啓発活動をはじめ、脆弱性情報の入手を簡易化するツールの開発や普及活動、情報提供の強化など効果的な施策であると同機構では結論付けており、今後具体化に向けて検討を進めていくという。

(Security NEXT - 2008/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
日産証券のオンライン取引システムで障害 - ランサム感染か
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし
総務省、LINEに行政指導 - 安全管理や利用者への説明不十分
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多