Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バレンタインデーは恋とウイルスの季節

季節のイベントに便乗したスパムや攻撃が増加している。2月14日のバレンタインデーも同様に標的とされる危険が高く、セキュリティベンダーが注意を呼びかけている。

G DATA Softwareでは、同日にボットの活動が活発になると予測し、警戒を呼びかけている。「Happy Valentine's Day!」「Valentine Invitation」といったタイトルのメールが送付され、記載されたURLへ誤ってアクセスすると、スパムを送信するボットに感染する可能性があるという。

またメッセージラボジャパンでも、ストームボットネットによる便乗スパムを予測。同社によると、バレンタイン以前からすでにバレンタインを意識したスパムが発生。全スパムの2%に精力剤のウェブサイトへ誘引するURLが記載されており、52カ国以上で流通を確認したという。

さらにKaspersky Labにおいても2月12日にロシアにてスパムを確認。ハートやくまのプーさんなどグリーティングカードに見せかけ、不正なファイルをダウンロードさせる手口だという。すでに世界的な広がりを見せており、同社が確認したメールトラフィック全体の5%に達しているという。

(Security NEXT - 2008/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PAN-OS」脆弱性への攻撃、国内でも被害報告
メールの誤送信で学生のメアドが流出 - 都住宅供給公社
「ClamAV」にクリティカルパッチ - サービス拒否の脆弱性など修正
「サポート詐欺」で1000万円の被害 - ネット銀を遠隔操作
狂犬病予防接種会場で強風により申請書が飛散 - 京丹後市
開示したNPO法人事業報告書で墨塗り漏れが判明 - 山口県
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
「PAN-OS」脆弱性に対する攻撃が増加 - コマンドで悪用試行を確認可能
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分