Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バレンタインデーは恋とウイルスの季節

季節のイベントに便乗したスパムや攻撃が増加している。2月14日のバレンタインデーも同様に標的とされる危険が高く、セキュリティベンダーが注意を呼びかけている。

G DATA Softwareでは、同日にボットの活動が活発になると予測し、警戒を呼びかけている。「Happy Valentine's Day!」「Valentine Invitation」といったタイトルのメールが送付され、記載されたURLへ誤ってアクセスすると、スパムを送信するボットに感染する可能性があるという。

またメッセージラボジャパンでも、ストームボットネットによる便乗スパムを予測。同社によると、バレンタイン以前からすでにバレンタインを意識したスパムが発生。全スパムの2%に精力剤のウェブサイトへ誘引するURLが記載されており、52カ国以上で流通を確認したという。

さらにKaspersky Labにおいても2月12日にロシアにてスパムを確認。ハートやくまのプーさんなどグリーティングカードに見せかけ、不正なファイルをダウンロードさせる手口だという。すでに世界的な広がりを見せており、同社が確認したメールトラフィック全体の5%に達しているという。

(Security NEXT - 2008/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
日産証券のオンライン取引システムで障害 - ランサム感染か
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし
総務省、LINEに行政指導 - 安全管理や利用者への説明不十分
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多