Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性の再発防止に「TCP/IPの脆弱性検証ツール」 - IPAが開発

情報処理推進機構(IPA)は、ネットワークで広く利用されているプロトコル「TCP/IP」を実装する製品の開発者向けに、脆弱性検証ツールを提供開始した。

コンピュータのほか、情報家電や携帯端末など、同プロトコルを利用する機器が増えている一方で、脆弱性の検証ツールが整備されておらず、既知の脆弱性が再発するケースがあることから、同機構では対策ツール「TCP/IPに係る既知の脆弱性検証ツール」を開発。開発者に対してCD-ROMにより貸し出す。

同ツールでは、同機構が1月より公開している「TCP/IPに係る既知の脆弱性に関する調査報告書(改訂第3版)」で報告した23項目のうち、18項目を検証でき、ICMPやARPにも対応。検証対象機器の脆弱性検証を自動実行し、脆弱性の有無を簡易判定できる。

情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2008/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
日産証券のオンライン取引システムで障害 - ランサム感染か
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし
総務省、LINEに行政指導 - 安全管理や利用者への説明不十分
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多