Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横浜市、職員約6000人分の給与明細を紛失 - 誤廃棄か

横浜市において、市職員約6000人分の給与明細など記載された書類が、収納されていた箱ごと所在不明になっている。

所在が不明になっているのは、職員の給与明細を所属ごとにまとめた「給与等仕訳書」。2005年度分30箱のうち、11局4区分を収めた6箱の行方がわからなくなっている。同書類には、職員約6000人分の氏名および給与明細などの個人情報が含まれているという。

2月1日に、同書類のデータをマイクロフィルムに移行するため、書類の分類作業を実施したが、その際に書類の紛失が発覚。倉庫などの捜索を行ったが、発見できなかったという。同市では、2007年4月に不要文書の廃棄処理を行っており、誤って混入させて処分した可能性が高いとしているが、捜索は続けている。

同市では、書類を収納した箱の廃棄や移動の際、個数チェックを怠ったことが原因だとして、今後は整理番号を付けて確認しながら搬出するなど、再発防止対策を進める。

(Security NEXT - 2008/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
MTAの「Exim」に21件の脆弱性、PoCも公開 - パッチ適用を
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開