Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アニメ画像を利用したウイルスの作者が著作権違反で御用

アニメの画像を利用したウイルスを作成、配布したとして京都府警生活経済課ハイテク犯罪対策室と五条署は、大阪府の大学院生を著作権法違反容疑で逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によれば、容疑者の男性は、テレビアニメ「CLANNAD」の画像を利用してウイルスを作成。ファイル交換ソフト「Winny」ネットワーク上に公開していたことから、著作権を保有するポニーキャニオンなどが告訴した。男性は容疑を認めており、話題性があるアニメ画像を利用したと供述しているという。

また、「機動戦士ガンダムOO」をはじめとするサンライズのアニメ動画をファイル交換ソフト上で配布した大阪府と兵庫県の男性2人も同容疑で逮捕されている。

今回の逮捕を受け、ACCSの専務理事・事務局長を務める久保田裕氏は、「著作権侵害を行っている確信犯には徹底的に対峙する」と牽制。ファイル交換ソフトによりアップロードを行った人物を技術的に捕捉する環境もすでに整ったとし、捜査機関などへ積極的に情報提供を行っていく方針を明らかにした。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2008/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック