Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

QuickTimeのアップデートが公開されるも一部脆弱性は未解決

アップルは、4件の脆弱性を解消した「QuickTime 7.4」を公開した。ただし、一部脆弱性は修正されておらず、引き続き注意が必要だ。

今回アップデートは、Sorenson 3ファイルやPICTイメージの処理など、Windows版、Mac版いずれも影響がある4件の脆弱性へ対応したもの。不正に改変されたファイルを開いた場合、任意のコードが実行される問題が解消されている。

今月に入り、QuickTime 4以降のReal Time Streaming Protocol(RTSP)におけるレスポンスメッセージの処理に、バッファオーバーフローの脆弱性が含まれていることが、セキュリティベンダーなどから指摘されていたが、今回のアップデートでは、修正についてアナウンスされておらず、JPCERTコーディネーションセンターの検証でも、問題が解消されていないことが確認されたという。

同脆弱性では、不正なRTSPストリームを受信した場合、任意のコードが実行されたり、サービスが停止するなど攻撃を受けるおそれがある。脆弱性の検証コードも公開されており、引き続き注意が必要だ。

About the security content of QuickTime 7.4
http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=307301-ja

関連記事:またQuickTimeに脆弱性が見つかる - 実証コードも確認
http://www.security-next.com/007427.html

(Security NEXT - 2008/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

早急に「WebLogic Server」脆弱性の修正を - パッチ公開より1週間強で攻撃発生
個人情報含む会員カード申込書を紛失 - ジョイフーズ
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
メール誤送信で職員採用試験応募者のメアド流出 - 愛媛県動物園協会
愛読者クラブの会員情報が流出の可能性 - 上毛新聞
2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずはパッチ適用を、対処FAQも更新
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」