Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

@niftyメールでスパム判定システムにトラブル

@niftyメールにおいてスパム判定システムにトラブルが発生していたことがわかった。正常なメールが迷惑メールと判定された可能性がある。

11月15日、16日および11月19日から11月27日にかけて、同社メールシステムのスパム判定システムに障害が発生していたもの。障害そのものはすでに復旧しているという。また、セカンドメールや同PRO、サンリオキャラクターアドレス、nifmail.jp形式のメールアドレスを利用している場合や、迷惑メールフォルダを利用していない場合は影響を受けない。

今回の事態を受けて同社では、正常なメールが迷惑メールフォルダに振り分けていないか確認するよう呼びかけており、11月29日から12月20日まで迷惑メールフォルダ内のメールについて自動削除を行わないよう設定した。ただし、すでに削除されている場合は、復活させることはできないという。

@nifty
http://www.nifty.com/

(Security NEXT - 2007/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ研究者や実務者向けイベント「JSAC2023」が開催決定 - 講演やWSを募集
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
サーバにサイバー攻撃、情報流出の痕跡見つからず - 長栄
書き溜めたメモが消える!? - 「自動退会処理」とだます「Evernote」のフィッシングに注意
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開
Foxit製PDF製品に複数の深刻な脆弱性 - アップデートを
「Emotet」感染、なりすましメールに注意喚起 - 都築電気
メルマガ本文に別人の個人情報を誤記載 - 名鉄観光バス
イベント応募者情報を誤送信、フォーム設定が未更新で - 東京都建設局