Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

友人から機材や口座を譲り受け、海賊版を販売した男性が御用

アニメDVDを無断で複製し、海賊版を販売していたとして、埼玉県警と加須署は、札幌市の無職男性を著作権法違反の疑いで逮捕した。別の事件の容疑者からノウハウや機材などを得ていたという。

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、男性は2007年4月上旬から5月の下旬の間、「ケロロ軍曹」や「交響詩篇エウレカセブン」などのアニメDVDを無断で複製した海賊版を4回にわたり販売。男性は、DVDのラベルまで複製した海賊版の写真をヤフーオークション上で紹介し、顧客を募っており、売り上げは約180万円に上ると見られている。

男性は、同容疑で7月に逮捕されている知人から海賊版販売のノウハウや複製するための機器、オークションID、振込口座などを得て、犯行に及んでいたという。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2007/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

29日時点の「ドコモ口座」被害申告状況を発表 - NTTドコモ
加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK
「コード決済」の不正な口座紐づけ防止でガイドライン - 3月より検討
国勢調査の関連資料を調査員が紛失 - 平塚市
8月公表の「Apache Struts 2」脆弱性、NVD評価は「クリティカル」
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
「McAfee Web Gateway」に権限昇格など深刻な脆弱性
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ