Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イベント応募者1033人の個人情報がネット上で閲覧可能に - TBSラジオ

TBSラジオ&コミュニケーションズが、イベント応募者1033人分の個人情報を4カ月以上にわたりインターネット上で誤って公開していたことがわかった。現在は削除されている。

ネット上に流出したのは、農林水産省が同社に委託しているキャンペーン「農林漁業再チャレンジ支援」の一環で、同社と地方局の主催により開催しているイベント「農林漁業ことはじめトークフェア」の応募者リスト。

インターネット経由で応募した1033人の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、性別、年代といった個人情報が、2007年6月6日から10月27日までネット上で閲覧可能な状態となっていた。29日時点で、リストはすべて削除されている。またハガキやファックスによる応募者には影響ないという。

募集業務の委託先による設定ミスが原因で、応募フォームの内容は暗号化して送信していたものの、データを保存するファイルが外部からアクセスできる状態だった。

同社では、関連する応募者に説明と謝罪のメールを送付するという。またチェックが不十分だったとして、業務委託先における個人情報の管理体制を強化する。

(Security NEXT - 2007/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュア開発が学べる無料オンラインコンテンツ - Linux Foundation
府立高校で1クラスの出席簿を紛失 - 大阪府
PC遠隔操作で顧客情報流出の可能性 - スズキディーラー
フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
スポーツ施設の工事委託先にサイバー攻撃 - 東京都
「Apache Camel」にLDAPインジェクションの脆弱性
「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消
フォーラムソフト「NodeBB」にアカウント乗っ取りが可能となる脆弱性
政府、アクセス制御製品の研究開発情報を募集
教委職員が個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 大阪市