Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフテック、ウェブアプリの脆弱性検出ツール「WAVI」を開発

ソフテックは、ウェブアプリケーションの脆弱性を検出できるツール「WAVI」を開発した。今後、同ツールを利用した脆弱性検査サービスを提供する予定。

同ツールは、ウェブアプリケーションに潜在する脆弱性を検出するセキュリティソリューション。独自の検査エンジンとデータベースを搭載したサーバで構成されており、ブラウザから操作して検査が行える。

脆弱性の中でも特に危険度が高く、サイトの改ざんや個人情報漏洩などを引き起こす「クロスサイトスクリプティング」と「SQLインジェクション」の検出に対応しており、検出項目は今後継続的に追加される予定。検出された脆弱性の場所を表示するほか、検査スケジュールを設定にも対応した。検査結果をグラフにまとめたレポートをPDF形式で作成するほか、過去の履歴と比較もできる。

今後は、同社が現在提供している「ウェブアプリケーション脆弱性検査サービス」および「サーバ脆弱性検査サービス」のオプションとして、同ツールを利用した脆弱性検査サービスを提供する予定としている。

(Security NEXT - 2007/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス