Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性届出が1就業日あたり2件を突破 - 800日以上修正されないケースも

情報処理推進機構とJPCERTコーディネーションセンターは、2007年第3四半期の脆弱性に関する届け出の状況を取りまとめ、公表した。

7月1日から9月30日までに届けられた脆弱性は152件。ウェブアプリに関するものが103件、ソフトウェアに関するものが49件となり、ウェブアプリに対する届け出がソフトウェアを上回る傾向が続いている。また1就業日あたりの届け出数は2.03件で、2件を突破したのは調査開始以来はじめて。

ウェブサイトの脆弱性について修正されたケースは26件で、サイト運営者が脆弱性ではないと判断したものは24件あった。2004年7月以来の累計としては、届け出が行われた脆弱性は1043件となり今四半期に1000件を突破した。約2割は現在も対応が進められている状態で、ウェブサイト運営者へ連絡が取れないケースが7件あった。

脆弱性への対応が必要とされるケースの場合、79%については通知から90日以内に修正を完了している。しかし、修正にされないケースも目立っており、300日以上も対策が完了していないものが50件。そのうち20件は600日を超えている。それらにはクロスサイトスクリプティングやSQLインジェクションなど深刻な脆弱性が長期間にわたり放置されているケースがあるという。

ソフトウェアについては、修正などが完了し、公表したケースが18件で、個別に対応したケースも2件あった。JPCERT/CCは、脆弱性発生時にスムーズな対応が行えるよう、ソフトウェア開発者の登録を行っており、9月末時点で207社となった。同センターでは、引き続きリストへの登録を呼びかけている。

情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/

JPCERTコーディネーションセンター
http://www.jpcert.or.jp/

(Security NEXT - 2007/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
個人情報含む資料を元従業員が第三者へ提供 - 日本管財住宅管理
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
マイナンバーのヒヤリハットや漏洩の事例集 - 個情委
「情報セキュリティ白書2021」のPDF版が公開に
コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 環境試験機器メーカー
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも