Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

再委託先からの個人情報2万8364件がWinny流出 - 第一三共ヘルスケア

第一三共ヘルスケアは、顧客情報が再委託先からファイル交換ソフト「Winny」を通じて外部に流出したと発表した。すでに事故が判明しているNCAコンサルティングから流出したものだという。

流出したのは、同社薬品「ビトン-ハイECB2」のキャンペーン登録者情報。氏名や年齢、生年月日、性別、住所、電話番号、応募履歴など2万8364人分の個人情報で、同社の業務委託先であるファーストが再委託していたNCAコンサルティングの従業員が自宅へデータを持ち帰り、ウイルス感染をきっかけにWinnyネットワーク上へ流出した。

流出の原因となったNCAコンサルティングでは、同社の登録者情報をはじめとする個人情報について外部に流出したことを明らかしていたが、外部から受託した情報であることなどは言及していなかった。その後同社では関連団体ともにウェブサイトを閉鎖。19日の時点でも同様にアクセスできない状況が続いている。

第一三共ヘルスケアでは、関連する顧客に対して、書面による事情説明と謝罪を行うという。

第一三共ヘルスケア
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/

関連記事:登録者情報など3万件の個人情報がWinny漏洩か - 都内コンサルティング会社
http://www.security-next.com/006950.html

(Security NEXT - 2007/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サプライチェーンのセキュリティ評価サービス - NRIセキュア
法人向けエンドポイント製品にサービス拒否の脆弱性 - トレンド
タピオカ通販サイト、流出クレカ情報が不正利用された可能性
スズキ海外子会社にサイバー攻撃、工場が一時操業停止
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
脆弱性を修正した「PHP 7.4.25」がリリース
オープンソースのフォーラムソフト「Discourse」に深刻な脆弱性
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
日産証券、不正アクセス受けた取引システムを廃止 - 一部代替システムへ
「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正