Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アップル、脆弱性を解消する「QuickTime」のアップデートを公開 - iTunesユーザーも対応を

アップルは、Windows向け「QuickTime」の脆弱性を解消するアップデートを公開した。

ウェブページからQuickTimeを起動する際に指定するパラメータのひとつにコマンドインジェクションの脆弱性があったもの。不正に細工したqtlファイルを開いた場合、任意のコードが実行されるおそれがある。すでに脆弱性を使用した検証コードも公開されており、同社ではアップデートを呼びかけている。

QuickTimeは、動画再生などのほか、同社の音楽再生ソフト「iTunes」でも使用されており、iPodへ音楽の転送に同ソフトを利用しているユーザーも注意を払う必要がある。アップデータは同社ウェブサイトからダウンロードできるほか、「Apple Software Update」によりダウンロードできる。

QuickTime 7.2 のセキュリティアップデートについて
http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=306560-ja

アップル
http://www.apple.com/jp/

(Security NEXT - 2007/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール誤送信で職員採用試験応募者のメアド流出 - 愛媛県動物園協会
愛読者クラブの会員情報が流出の可能性 - 上毛新聞
2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずはパッチ適用を、対処FAQも更新
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 11月3日に定例外アップデートを公開予定
国勢調査の「回答状況確認表」を紛失 - 世田谷区