Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

悪意あるコードの開発や配布が商業化 - 職業クラッカーが台頭

悪意のあるコードの開発、配布、使用など、サイバー犯罪の商業化が進んでいる。シマンテックが2007年上半期のインターネットセキュリティ脅威レポートで伝えたもの。

従来より、セキュリティベンダー各社が金銭目的の攻撃について警告しているが、同社によれば、さらなる専門的な攻撃手法やツール、戦略が駆使される傾向にあるという。

世界中のコンピュータへ悪意あるコードをインストールできるツール「MPack」やフィッシングサイトを自動的に構築するスクリプトなどが出回っているもので、特にダウンローダを利用した多段階型攻撃の増加が目立っており、悪意のあるコードのトップ50のうち28種を占めたという。

また、これらツールの特徴は、金融機関やキャリア支援サイト、SNSなど、利用者の信頼を得ているウェブサイトが拡散に利用される点で、脆弱性を利用し、利用者に悪意あるプログラムをダウンロードさせたり、サイト内部の情報が狙われるケースもあるという。

そのほか、目立ったセキュリティの問題としては、ウェブブラウザのプラグインに237件の脆弱性が発見されており、2006年下半期の74件から大幅に増加したことが報告されている。情報漏洩については、コンピュータやメディアの盗難や紛失によるものが半数弱で、大規模なデータ喪失が少なくとも5年に1度起きると予測する法人が58%あったという。

シマンテック
http://www.symantec.co.jp/

(Security NEXT - 2007/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Docker API」狙う攻撃に注意 - 9月ごろより増加
非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を