Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブ上の脅威に対して機能強化した「ウイルスバスター2008」 - 法人でも1ライセンスで複数台利用が可能に

トレンドマイクロは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスター2008」を10月26日より発売する。

070911tm.jpg

今回のバージョンアップでは、ウェブ経由の脅威に対応する機能を強化。ドメインの評価などによりアクセスの安全性を示す「Webレピュテーション技術」をフィッシング詐欺対策機能などに応用。URLフィルタリングなどとの併用によりウェブ上の脅威などに対抗する。

また従来の「不審ソフトウェア警戒システム」を強化し、疑わしいプログラムによりシステム領域が改変される前に検出する「不正変更の監視機能」として搭載した。さらにウイルス対策エンジン、スパイウェア対策エンジン、ルートキット対策ドライバを統合し、従来製品より約20%の検索時間短縮やメモリ使用量を約50%削減など、パフォーマンスの向上を実現したという。

ライセンスに関しては、1ライセンスで最大3台まで利用可能。従来、複数利用は個人ユーザーのみに限定されていたが、本バージョンより法人の複数台利用にも対応する。

トレンドマイクロ・オンラインショップでは、10月19日より先行してダウンロード販売を開始する予定で、「ウイルスバスター2007 トレンド フレックス セキュリティ」のユーザーを対象とした無償バージョンアップについても同日より開始となる。

くわえて同社では、「今買っても安心&お得キャンペーン」を実施。キャンペーン期間中にウイルスバスター2007を購入したユーザー2008人にサポート期間を1年間分プレゼントする。

(Security NEXT - 2007/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に情報漏洩のおそれ - 11月17日の更新で修正済み
政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
特典発送で委託先が宛名シールを二重貼り、個人情報流出 - LINE
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性