Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

98%がネットやパソコン利用に不安 - 3.5%は個人情報の流出を経験

インターネットやパソコンの利用時に不安を感じているユーザーが98%に上ることがトレンドマイクロの調査でわかった。

8月初旬に、同社が18歳以上の一般利用者1000人を対象に実施されたアンケート調査「インターネットの利用動向」で判明したもの。

ウイルスやスパイウェアの感染を不安とするユーザーが25%ともっとも多く、ネットショッピング利用時の情報漏洩が22.8%と続いた。またデータの紛失や不要ファイルによりパソコンの動作が鈍くなるといった面について不安とするユーザーも2割弱だった。

また調査によれば、実際に82%が迷惑行為を体験しているという。もっとも多かったのが「ポップアップによる広告表示」で30.6%で、ついで迷惑メールの受信が26.6%、ウェブサイトから不要なプログラムのダウンロードするよう誘導されたケースが12.4%と目立った。個人情報が流出を経験したユーザーも3.5%に上っている。

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2007/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性