Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

未知のウイルス漂うWinnyやShare - 対策ソフトの検知率が6割のケースも

WinnyやShareなどファイル交換ソフト上で流通するウイルスに対し、ウイルス対策ソフトで十分対応できないケースが少なからずあることがネットエージェントの調べでわかった。

ネットエージェントが、2007年5月25日から7月24日までWinnyネットワーク上で拡散するウイルスについて調査を実施し、5種類のウイルス対策ソフトによる検出率を調査を実施した結果判明したもの。Antinnyや亜種などで作成されたと見られるZIPファイルの実行ファイル1860件を、同社では検体として収集。検体には360個のウイルスファイルが含まれていた。

同社が、商用製品を提供する国内外の3社を調べたところ、約97%を検出するソフトウェアがある一方、約81%、約60%のものもあったという。また海外の無料ソフトウェア2種類についても試験を実施し、それぞれ360個のウイルスに対して298個、321個を検出したが、完全に検出できたソフトは有償、無償いずれもなかった。

ウイルスが含まれるファイルの名称としては音楽関連や漫画といった趣味についても23%と多く、アダルト系のものが約21%と同様に狙われている。

ネットエージェント
http://www.netagent.co.jp/

(Security NEXT - 2007/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール送信ミスで歯科医師のメアド流出 - 科研製薬
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇