Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業向けウェブフィルタリングソフト「i-FILTER」の最新版 - ログの改ざんが検知可能に

デジタルアーツは、企業向けウェブフィルタリングソフト「i-FILTER」の最新版を8月20日より発売する。内部統制強化に効果的な「アクセスログ改ざん検知機能」が追加された。

同製品は、企業向けのウェブフィルタリングソフト。最新版発売に伴い、無償で同梱されるレポートツール「i-FILTER Reporter」、および有償オプションのログ検索ツール「i-FILTER Log Search」もバージョンアップした。

今回、イメージ検索機能を拡張し、掲示板や翻訳サイト、ショッピングサイトなど、URLパラメータを持つサイトに対するフィルタリング機能を強化した。

また、「i-FILTER Log Search」を利用することで、「アクセスログ改ざん検知機能」が利用可能。改ざんの有無をログ自身に記述する機能により、アクセスログを改ざんして不正アクセスを隠蔽する行為を抑止する。

また「i-FILTER Reporter」では、ログの集計時間が大幅に短縮された。従来製品では200万件のログを集計するのに約20時間要していたが、同製品では約3時間に短縮。「サイト別集計」や「URL別集計」など、条件付きの集計にも短時間で対応可能となった。

(Security NEXT - 2007/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Androidアプリセキュアコーディングガイドの新版公開 - JSSEC
「TCP 6379番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
共用計算環境基盤「HPCI」のユーザー管理サーバに不正アクセス - 東大
「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性
LINE問題でZHD特別委員会が最終報告書 - 「ユーザー目線での横と縦のガバナンス」を
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「エックスサーバー」装うフィッシング - 「利用制限」「契約解除」と不安煽る
BCCのメールアドレスをメール本文にも貼り付けるミス - 東京都中央卸売市場
サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ