Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1日あたり約3万件のウイルス感染サイトを確認 - ソフォス

ウェブに不正なコードが埋め込まれるケースが多発しており、6月には1日あたり約3万件の被害が発生していたことがわかった。

2007年6月におけるウイルスの傾向をソフォスが取りまとめたもので、同社のグローバルモニタリングチームの観測によれば、6月は1日平均2万9700件のウイルス感染サイトを確認した。

このうち約80%は、正規ウェブサイトがクラッキングにより改ざんされたもので、同社が検知したウイルスについても、ウェブ上にプログラムなどを埋め込む「Iframe」が、64%を占めている。

同ウイルスの被害としては、イタリアにおいて市議会や就職支援サービスセンター、観光サイトなど感染例が報告されている。また同ウイルスについては、ウェブだけでなくメールによる拡散も広がっており、同社の集計では「Netsky」「Mytob」に続く3位となっている。

同社が、ウェブ、メール別にまとめたウイルストップ10は以下のとおり。

ウェブウイルス

1位:Mal/Iframe
2位:Mal/ObfJS
3位:Troj/Fujif
4位:Troj/Decdec
5位:VBS/Redlof
6位:Troj/Psyme
7位:Mal/Packer
8位:Troj/Ifradv
8位:VBS/Haptime
10位:Mal/Zlob

メールウイルス

1位:W32/Netsky
2位:W32/Mytob
3位:Mal/Iframe
4位:W32/MyDoom
5位:W32/Sality
6位:W32/Zafi
6位:W32/Bagle
8位:Mal/DownLdr
8位:W32/Stratio
10位:W32/Nyxem

(Security NEXT - 2007/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
「ポケットカード」装うフィッシングに注意