Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1日あたり約3万件のウイルス感染サイトを確認 - ソフォス

ウェブに不正なコードが埋め込まれるケースが多発しており、6月には1日あたり約3万件の被害が発生していたことがわかった。

2007年6月におけるウイルスの傾向をソフォスが取りまとめたもので、同社のグローバルモニタリングチームの観測によれば、6月は1日平均2万9700件のウイルス感染サイトを確認した。

このうち約80%は、正規ウェブサイトがクラッキングにより改ざんされたもので、同社が検知したウイルスについても、ウェブ上にプログラムなどを埋め込む「Iframe」が、64%を占めている。

同ウイルスの被害としては、イタリアにおいて市議会や就職支援サービスセンター、観光サイトなど感染例が報告されている。また同ウイルスについては、ウェブだけでなくメールによる拡散も広がっており、同社の集計では「Netsky」「Mytob」に続く3位となっている。

同社が、ウェブ、メール別にまとめたウイルストップ10は以下のとおり。

ウェブウイルス

1位:Mal/Iframe
2位:Mal/ObfJS
3位:Troj/Fujif
4位:Troj/Decdec
5位:VBS/Redlof
6位:Troj/Psyme
7位:Mal/Packer
8位:Troj/Ifradv
8位:VBS/Haptime
10位:Mal/Zlob

メールウイルス

1位:W32/Netsky
2位:W32/Mytob
3位:Mal/Iframe
4位:W32/MyDoom
5位:W32/Sality
6位:W32/Zafi
6位:W32/Bagle
8位:Mal/DownLdr
8位:W32/Stratio
10位:W32/Nyxem

(Security NEXT - 2007/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む調査関係の名簿原本をコピー機に置き忘れ - 山口県
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
かんぽ生命を装う偽メールやSMSに注意
「Apache Tomcat」のクラスタリング運用に注意 - 必要に応じて対策を
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を