Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィルタリング機能と暗号化機能を連携させた、メールセキュリティソリューション

フォーバルクリエーティブは、オレンジソフト、クリアスウィフトと協業し、メールの暗号化とフィルタリングを組み合わせたメールセキュリティ製品「暗号化連携ソリューション」を7月1日より販売する。

同製品は、クリアスウィフトの「MIMEsweeper Email Appliance」とオレンジソフトの「BRODIAEA safeAttach」を連携させたメールセキュリティソリューション。添付ファイルの内容や種類、宛先などの条件を設定し、サーバをリレーさせるだけでZIPにより暗号化することが可能。送信者に対してパスワードが送付され、別途受信者に知らせることで安全にデータを渡すことができる。

またフィルタリング機能を搭載しており、スパムメールやウィルスメール侵入対策や、内部からのデータ流出など防止できる。またメールの履歴を確認できる「メッセージトラッキング機能」「レポーティング機能」を搭載した。価格は262万5000円から。

(Security NEXT - 2007/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性