Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィルタリング機能と暗号化機能を連携させた、メールセキュリティソリューション

フォーバルクリエーティブは、オレンジソフト、クリアスウィフトと協業し、メールの暗号化とフィルタリングを組み合わせたメールセキュリティ製品「暗号化連携ソリューション」を7月1日より販売する。

同製品は、クリアスウィフトの「MIMEsweeper Email Appliance」とオレンジソフトの「BRODIAEA safeAttach」を連携させたメールセキュリティソリューション。添付ファイルの内容や種類、宛先などの条件を設定し、サーバをリレーさせるだけでZIPにより暗号化することが可能。送信者に対してパスワードが送付され、別途受信者に知らせることで安全にデータを渡すことができる。

またフィルタリング機能を搭載しており、スパムメールやウィルスメール侵入対策や、内部からのデータ流出など防止できる。またメールの履歴を確認できる「メッセージトラッキング機能」「レポーティング機能」を搭載した。価格は262万5000円から。

(Security NEXT - 2007/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

共同利用対象外の個人情報をグループDBに誤送信 - JFRカード
中学校教諭が車上荒らし被害、個人情報が盗難 - 習志野市
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」