Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

本人確認に不備があった携帯電話事業者に是正命令 - 総務省

総務省は、携帯電話契約時の本人確認に不備があったとして、東京都内の携帯電話販売事業者に是正命令を行った。

東京都豊島区の携帯電話販売事業者であるケアアンドコミュニケーションでは、2007年2月に24件の契約において本人確認に不備があり、総務省では、携帯電話不正利用防止法に違反していたとして是正命令を行った。

同社はソフトバンクモバイルの代理店で、総務省ではソフトバンクモバイルに対して監督強化など、再発防止策を求めた。

携帯電話は、振り込め詐欺などに用いられるケースがあることから、携帯電話不正利用防止法により契約者などの本人確認が義務づけられている。

(Security NEXT - 2007/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

地方で「SECURITY ACTION制度」の紹介セミナー開催 - ライブ配信も
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に