Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

京葉銀行、顧客情報扱う業務委託先のチェック体制を強化

京葉銀行は、顧客情報を預託する業務委託先のチェック体制を強化すると発表した。

今回の体制整備は、2007年3月に同社の業務委託先である大日本印刷において大規模な漏洩事件が発生し、同行顧客情報5万6478件が流出したことから、再発防止策として検討していたもの。

同行では、今後委託先の選定にあたり、担当部署だけでなく、てリスク管理部による一元チェックを行うほか、プライバシーマーク認定企業も含めた定期的なチェックを実施。さらに預託する個人データの見直しやデータ廃棄時における報告書の提出など求めるなど対策を進め、同行では今回の対策を通じて、信頼回復に努めたいとしている。

(Security NEXT - 2007/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
協力会社で「Emotet」感染か、なりすましメール出回る - 大多喜ガス
不正アクセスで不正出金、アカウント情報の流出は否定 - GMOクリック証券
外部から不正侵入の痕跡、詳細は調査中 - 原子力規制委員会
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件