Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報約8000件を保存したパソコンを紛失 - 九州の保険代理店

北九州市の保険代理店であるトップ保険サービスにおいて、5月25日に生損保9社の顧客情報を保存したパソコンを紛失したことがわかった。

東京海上日動火災保険の顧客情報6716件やアメリカンファミリー生命の1177件をはじめ、生損保9社の加入者情報8367件を保存されていたパソコン1台を紛失したもの。氏名や住所、電話番号、メールアドレスのほか、契約内容など個人情報が含まれる。

顧客情報が含まれていた保険会社は、あいおい損害保険、AIU保険会社、損害保険ジャパン、東京海上日動火災保険、ニッセイ同和損害保険、日本興亜損害保険、三井住友海上火災保険、アメリカンファミリー生命保険会社、東京海上日動あんしん生命保険の9社。

30日の時点では不正利用といった被害は報告されていないという。同代理店では、警察へ被害を届け、関連する顧客に対しては、書面で事情を説明、謝罪する予定。

(Security NEXT - 2007/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール記載のリンク先を誤設定、個人情報が流出 - 岐阜県
「IaaS」や「PaaS」上の設定不備を診断するサービス
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - 次期更新で修正予定
研究室外に置いた廃棄予定パソコン3台が所在不明に - 日工大
サーバがランサム被害、UTMの設定不備を突かれる - CRESS TECH
「Node.js」にコマンドインジェクションの脆弱性 - Windows環境に影響
公式Xアカウントが乗っ取り被害 - メガネの愛眼
ランサム被害、本番環境への影響がないことを確認 - フュートレック
「Chrome」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
ビデオ会議サービス「Zoom」のクライアントソフトに脆弱性