Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MKInet、データセンターの入館状況やラック操作の監査レポートサービス

MKIネットワーク・ソリューションズは、同社データセンターにおける物理的なセキュリティの運用状況を提供する「監査レポート作成サービス」を開始した。

同サービスは、データセンターへの入館やラック操作など物理的なアクセスについて証跡を取得、提供することで内部統制を支援するサービス。

入退室管理の証跡取得では、入館者や日時だけでなく、受付担当者などを記録。一方、ラック開閉では、日時やラック使用者、開錠したラック番号のほか、開閉の理由、データセンター担当者といった情報もレポートする。

(Security NEXT - 2007/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
メール誤送信で会員のメアド流出 - 子ども向けプログラミング教室
米パイプライン事業者がランサム被害 - FBIが「Darkside」関与指摘
クイズ応募者情報を誤表示、負荷分散サービスの設定ミスで - 岡山放送
動物病院向け受付システムに不正アクセス - サービスが停止
ファイル内に顧客情報、気付かず提携先に複数送信 - 神奈川銀
「ETCのアカウントを停止した」と不安を煽るフィッシング