Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MKInet、データセンターの入館状況やラック操作の監査レポートサービス

MKIネットワーク・ソリューションズは、同社データセンターにおける物理的なセキュリティの運用状況を提供する「監査レポート作成サービス」を開始した。

同サービスは、データセンターへの入館やラック操作など物理的なアクセスについて証跡を取得、提供することで内部統制を支援するサービス。

入退室管理の証跡取得では、入館者や日時だけでなく、受付担当者などを記録。一方、ラック開閉では、日時やラック使用者、開錠したラック番号のほか、開閉の理由、データセンター担当者といった情報もレポートする。

(Security NEXT - 2007/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ドッグウェアの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
「Movable Type 4」以降に深刻な脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
メール送信ミスでセミナー参加者のメールアドレスが流出 - 神奈川県
消費者の9割弱、商品サービス選択時に提供企業のプライバシー取組を考慮
個人情報開示時に他患者情報が混入 - 三重県の医療センター
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
サイバー攻撃でデータ流出、暗号化被害など確認されず - クラレ
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を
Androidアプリセキュアコーディングガイドの新版公開 - JSSEC
「TCP 6379番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測