Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPAがウイルスデータベースを公開 - 即時更新でベンダーフリー

情報処理推進機構(IPA)は、ウイルス情報を閲覧できるデータベース「ウイルス情報 iPedia」の提供を開始した。

同サービスでは、同機構に報告されたウイルスやボットなどを中心に、動作内容や対処法など紹介。データベースでは、独自開発した解析ツール「Zero Hour Analysis」を採用しており、届出情報を即時にデータベースへ反映している。

セキュリティベンダーのデータベースと異なり、利用するソフトウェアやバージョンなどを意識せずに利用でき、名称やファイル名から検索することができる。

(Security NEXT - 2007/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII