Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPAがウイルスデータベースを公開 - 即時更新でベンダーフリー

情報処理推進機構(IPA)は、ウイルス情報を閲覧できるデータベース「ウイルス情報 iPedia」の提供を開始した。

同サービスでは、同機構に報告されたウイルスやボットなどを中心に、動作内容や対処法など紹介。データベースでは、独自開発した解析ツール「Zero Hour Analysis」を採用しており、届出情報を即時にデータベースへ反映している。

セキュリティベンダーのデータベースと異なり、利用するソフトウェアやバージョンなどを意識せずに利用でき、名称やファイル名から検索することができる。

(Security NEXT - 2007/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe7製品にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性などに対処
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 移行急がれる「同2017」
厚労省、医療機関のセキュリティ研修を展開 - ポータルサイトが始動
意図せず名簿をPDF化、メールに誤添付 - 都委託先
4人に1人は機密性高いPDFファイルでもPWや権限を設定せず
教員2人を懲戒処分、個人情報目的外利用とパワハラで - 早大
JPCERT/CC、「ベストレポーター賞 2022」を発表
ランサム検知数が前年の約2.8倍に - カスペまとめ