Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

操作ミスによるデータ破壊が原因 - 「ひかり電話」の接続障害

NTT東日本とNTT西日本の間で「ひかり電話」が相互に接続できない障害が発生した問題で、両社は操作ミスが原因だったと発表した。

今回の接続障害は、23日6時30分ごろから10時過ぎまで、それぞれのサービスエリアへ相互に接続できない状態となったもの。両社では、プログラムの再インストールを実施して復旧したが、その後原因の調査が行われていた。

両社によれば、障害の原因は、操作ミスによるもので、5月21日深夜から翌日未明にかけて両社間を接続する呼制御サーバのハードディスクを交換した際、誤ったコマンド設定を実施したことからデータが破壊され、その結果異常処理が発生したという。

今回の障害で影響を受けたのは、事業者向けサービスである「オフィスタイプ」や「ビジネスタイプ」など約29万回線を含む約289万回線。両社は、再発防止を目指し、作業内容のチェック強化などを実施するとしている。

NTT東日本
http://www.ntt-east.co.jp/

NTT西日本
http://www.ntt-west.co.jp/

(Security NEXT - 2007/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
2021年のサイバー月間は「ラブライブ!」とコラボ - ツール公開やイベントを予定
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者