Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員の自宅PCから顧客情報438件がWinny流出 - ホンダ系ディーラー

ホンダカーズ愛知は、同社従業員が持ち出した顧客情報438件が、Winnyを介してインターネット上に流出したと発表した。

同社同従業員は、データを外部のメモリに保存し、持ち出した際にWinnyをインストールしてあった自宅パソコンから5月17日にWinnyを介して流出したもの。同ファイルには、パスワードが設定されていたという。

流出したファイルには、顧客の氏名や住所、車両登録ナンバーなど438件が保存されていた。同従業員が以前担当していた顧客のもので、社内規定でデータの持ち出しは禁止されていた。

同社では、流出の対象となった顧客に対し個別に連絡し、説明と謝罪を行っている。また、関連する従業員を処分するほか、私用パソコンにおける業務情報の有無の再確認や業務利用外のソフトの使用禁止、再発防止を目指す。

(Security NEXT - 2007/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII