Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員の自宅PCから顧客情報438件がWinny流出 - ホンダ系ディーラー

ホンダカーズ愛知は、同社従業員が持ち出した顧客情報438件が、Winnyを介してインターネット上に流出したと発表した。

同社同従業員は、データを外部のメモリに保存し、持ち出した際にWinnyをインストールしてあった自宅パソコンから5月17日にWinnyを介して流出したもの。同ファイルには、パスワードが設定されていたという。

流出したファイルには、顧客の氏名や住所、車両登録ナンバーなど438件が保存されていた。同従業員が以前担当していた顧客のもので、社内規定でデータの持ち出しは禁止されていた。

同社では、流出の対象となった顧客に対し個別に連絡し、説明と謝罪を行っている。また、関連する従業員を処分するほか、私用パソコンにおける業務情報の有無の再確認や業務利用外のソフトの使用禁止、再発防止を目指す。

(Security NEXT - 2007/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を