Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

愛南町の情報漏洩件数はのべ約14万件 - 全世帯訪問し謝罪

愛媛県愛南町の業務委託先から個人情報などがWinnyネットワーク上へ流出した問題で、流出件数がのべ14万2843件にのぼることがわかった。

流出したのは3年前の合併時におけるデータで、合併した5町についてはいずれも住民基本台帳に関する情報が含まれ、法人個人あわせて6万8426件が流出。住民票コードも3万3773件にのぼる。そのほか、国民年金や老人保健、銀行口座、選挙情報など合わせてのべ14万2843件が漏洩した。

業務委託先である愛南町のデンケンが無断で山口市の山口電子計算センターへ再委託していた。同町では、職員で全世帯を訪問して事情を説明、謝罪するという。

(Security NEXT - 2007/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
「小児医療情報収集システム」に不正アクセス - 国立成育医療研究センター
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト