Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

資源エネルギー庁の原子力情報誌送付先リストがネット流出 - 個人情報約1700件

資源エネルギー庁が、2004年度に実施した原子力の広報事業で情報誌の送付を行ったが、その際に利用したリストが業務委託先よりインターネット上へ流出した。個人情報約1700件が含まれる。

同庁では、同事業をNECメディアプロダクツへ委託。同社では、再委託先とメーリングリストでデータを共有していたが、4月22日ごろに再委託先である岩永デザイン事務所のパソコンがウイルスに感染、ファイル交換ソフト上へデータが流出した。

流出した個人情報は約1700件で、氏名や住所、電話番号、所属など含まれる。NECメディアから事故の報告を受け、資源エネルギー庁は同社に対し謝罪などを実施するよう対応を指示、原因究明と再発防止策の報告を求めたという。

(Security NEXT - 2007/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
約1.6万人分の個人情報流出を確認、あらたな可能性も - カプコン
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
楽天モバ、従業員逮捕でコメント - 営業秘密利用は未確認
料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ