Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仮想デスクトップ環境にも対応した操作ログ管理ツール - 「Meta Logger for Desktop」

ネットワールドとアイベクスは、パソコンの操作ログを記録、管理するツール「Meta Logger for Desktop」を、5月31日より出荷開始する。

同製品は、クライアントPC上の操作を記録し、一元管理するツール。ファイル操作やアプリケーション起動をはじめ、クリップボードにおけるコピーなどの操作、プリンタ操作、ウェブへのアクセス、メールの送受信、ユーザー情報などに関するログを記録、管理できる。

従来製品である「Meta Logger」ではシンクライアント環境に対応したログ記録が可能だったが、同製品はさらに仮想デスクトップ環境や、Windows XP/2000 Professionalなど通常のOS環境下においてもログ追跡が可能。価格は、インストール用メディアキットが5250円、1ユーザーライセンスが6300円となっている。

(Security NEXT - 2007/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

消費者の9割弱、商品サービス選択時に提供企業のプライバシー取組を考慮
個人情報開示時に他患者情報が混入 - 三重県の医療センター
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
サイバー攻撃でデータ流出、暗号化被害など確認されず - クラレ
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を
Androidアプリセキュアコーディングガイドの新版公開 - JSSEC
「TCP 6379番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
共用計算環境基盤「HPCI」のユーザー管理サーバに不正アクセス - 東大
「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性
LINE問題でZHD特別委員会が最終報告書 - 「ユーザー目線での横と縦のガバナンス」を